知名度あるウィザスにも労組がないことを知りました

今年の春に心機一転転職をしました。転職先はIT企業です。前職はIT系の会社で営業事務をやっていたのでその経験を活かしたいと考えたからです。転職先は起業してから10年ほどの新しい会社です。組織も役員も平均年齢が若く新しいアイディアを次々と世に送り出している斬新且つクリエイティブな企業だと感じています。

また転職先の会社には労組がないのも大きな特徴だと思います。これには少々驚きましたがここ数年で労組を持たない企業が増えつつあることはマスコミや友人などの情報で知っていました。ウィザスなどの安定した知名度のある企業でも労組を設立していないところがあるそうです。ウィザスは労組がないですが、学習塾を経営しており私の友人のお子さんも通っている人が何人かいます。講師陣に優れた人も多く、子供の学力向上にとても役立っているそうです。こうした情報を聞いて私は安心しました。労組がないことを少々不安に思っていたこともありましたが、企業の形態は様々だと感じたからです。

働く人がよい環境で働けるように守りに入るのではなく自分から率先して行動を起こしてゆくことが大切なのではないかと最近感じています。

労組を設立していないウィザス

ウィザスといえば、学習塾を経営していたり通信制高校を設立したりと教育に関わる様々な事業を展開している企業というイメージがとても強いです。特に第一学院高等学校は生徒の自主性や個性を大切にした教育方針をおこなっていることはとても評価が高く、大学進学率や進路についてもしっかりとしたビジョンを持って対応をしている印象を受けます。

ウィザスは学習塾も経営しているので、学習することや勉強に取り組む姿勢を生徒にしっかりと身に着けるノウハウを得ているのではないかと感じます。現代社会の教育分野において新しい試みで事業を飛躍させているウィザスには労組がないそうです。大きな企業のため労組がないことに最初は驚きました。

しかしながら会社の基本的な制度や姿勢がしっかりとしていれば労組がなくても社員はコンプライアンスの元で守られて仕事が出来るはずです。ウィザスの労組以外の取り組みは経営面以外でも注目したい取り組みがたくさんあると思いました。